Topics オプション
Bybit Learn
Bybit Learn
Beginner
May 31, 2022

暗号資産コールオプションとは何か?

従来の金融市場は古くから存在し、株式などの資産がその主な商品とされてきました。しかし、近年、暗号資産が金融市場に大きなインパクトを与え、従来の金融商品と競合する存在になりつつあります。

ストックオプションと同じように、現在では暗号資産オプションが存在します。これにより、トレーダーが暗号資産を所有することなく、話題の暗号資産市場に参加することがでるようになりました。ユーザーは、暗号資産のパフォーマンスに連動するこれらのオプションの価格の上昇や下落によって利益を得ることができます。

暗号資産オプションとは何か?

暗号資産オプションは、オプションの保有者に、1)オプションが満期を迎える前に、または2)プレミアム購入後に、原資産を所定の価格で購入または売却する機会(義務ではない)を提供する金融ツールです。 

最も一般的な暗号資産オプションは、ビットコインオプションETHオプションです。ビットコインイーサリアムは現在、時価総額で見た最大規模のプロジェクトであるため、当然と言えるでしょう。

暗号資産のエコシステムは、非常に人気がありますが、ボラティリティをはらんでいることは周知の事実です。暗号資産への関心が高まる一方で、そのボラティリティに対する対策として、代わりに暗号資産オプションの利用を検討する人が増えています。

暗号資産オプションは、資産そのものよりもはるかに低コストで、他の資産クラスよりもリスクを抑えることができます。デジタル資産の取引に最適なソリューションであるオプションは、トレーダーは原資産価格の将来価値を推測し、その対価をフィアット通貨または暗号資産で受け取ることができます。また、オプションは投資家たちにより、ヘッジングにも利用されています。

先に進む前に、いくつかの重要な用語について説明します。

  • プレミアム: オプションの権利を入手する前に、売り手に支払う必要がある特別料金です。

  • 行使価格: 簡単に言うと、売り手がそれ以上の価格でオプションを売ることができない固定価格のことです。つまり、買い手が資産を購入する権利を持つ価格のことです。 

また、プットオプションでは、「行使価格」とは、それ以下の価格では買い手がオプションを買うことができない価格のことです。簡単に言えば、売り手が資産を販売する権利を持つ価格のことです。

  • 満期日: オプションが売買されるまでの時間です。この期間が満了すると、オプションの価値はなくなります。

暗号資産コールオプションとは何か?

一般的に、オプションの価値は、それが連動している原資産のパフォーマンスに関連しています。前述したように、暗号資産オプションは暗号資産の価格変動に連動しています。

暗号資産コールオプションは、特定の期間内(満期日またはその前に、既定の価格で特定の資産を購入する選択肢(義務ではない)を与える契約やツールのことです。

コールオプションを買うには、買い手は売り手にプレミアムを支払う必要があります。暗号資産オプションの各契約は、1つの暗号資産で構成され、所定の価格で購入されます。対応するコールオプションを売買する前に、特定の原資産を所有している必要はありません。なお、この取引期間は指定された期間内に終了し、買い手は満期日またはその前にコールを行使する必要があるため、注意が必要です。 

オプションの市場シェアが上昇すると予測した場合、代わりにコールオプションを購入することができます。株価が急上昇し、満期日を迎える前に現在の価値が行使価格を上回れば、利益を得ることができます。 

一方、株価が下落した場合、買い手はコールオプションを失効させ、損失はオプションのプレミアムの分のみとなります。

アメリカ型のオプションでは、満期日前であればいつでもオプションの利用または行使が可能です。一方で、ヨーロッパ型のオプションは、満期日のみに行使することができます。

暗号資産コールオプションの仕組み

オプション契約は、通常、オプションのトレーダーと暗号資産取引所の二者間で行われる取引です。

  1. オプションの売り手は、暗号資産取引所に価格と満期日を指定して、オプション契約を上場します。そして、関心のある買い手が見つかり、オプション市場での注文とマッチングされます。 

  2. 透明性を確保するため、支払ったプレミアムのコストは、様々なパラメーター(例: 満期日までの残り時間、市場価格、原資産のボラティリティ、金利)を基に計算されます。

  3. 満了した時点でも価値があるオプションは、本源的価値があると言われています。

コールオプションの例

あるオプションの市場価格が90ドルだとします。買い手は権利行使価格70ドルのコールオプションをプレミアム料5ドルで保有しています。このオプションは、満期時には現在の市場価格の90ドルではなく、70ドルで100株を買うことができるため、本源的価値を持ち、「イン・ザ・マネー」(ITM)の状態であると言います。 

本源的価値=原資産の価格-行使価格

この場合、90ドル-70ドル=20ドルの粗利益となります。つまり、暗号資産オプションの本源的価値が1株あたり20ドルであるということになります。

同様に、コールオプションが、満期時に本源的価値を持たない場合、「アウト・オブ・ザ・マネー」(OTM)であると言います。

上記の例を基に考えると、同じ株価が50ドルに下落した場合、現在の市場価格が50ドルのときに70ドルで購入する買い手はいないため、本源的価値はないことになります。この場合、オプションの価値はなくなり、コールオプションの売り手の利益は、プレミアムの5ドルのみになります。

コールオプションは、ITMとOTMの他に、「アット・ザ・マネー」(ATM)と呼ばれる状態になる可能性もあります。現在の市場価格と行使価格・固定価格の両方が等しいとき、その資産はATMであると言います。

暗号資産コールオプションの例

暗号資産コールオプションの主な例として、BTCコールオプションやイーサリアムコールオプションなどがあります。

BTCコールオプションは、指定された価格でビットコインを売買する義務ではなく、権利を付与する金融派生商品です。購入前にプレミアムを支払っても、BTCコールオプションはビットコインそのものを所有するよりもはるかに安価で、リスクも抑えることができます。イーサリアムのコールオプションの機能もほぼ同じです。

BTCオプションの原資産価格が19,800ドルであるとします。買い手は権利行使価格19,500ドルのコールオプションを1,000ドルのプレミアムで保有しています。

本源的価値=19,800ドル-19,500ドル=300ドル。

上記の例でいくと、BTCの価格が19,000ドルまで下落した場合、現在の市場価格が19,000ドルのときに19,500ドルで購入する買い手はいないため、オプションの本源的価値はないことになります。コールの売り手が受け取るのは支払われたプレミアム(1,000ドル)のみです。

暗号資産プットオプションと暗号資産コールオプションの比較

コールオプションの他に、プットオプションと呼ばれる同じく人気のオプション/取引デリバティブがあります。プットオプションは、買い手に対して、売り手に設定した価格(行使価格)で特定の資産または原資産の株式を購入することを強制する権利を付与するものです。

暗号資産プットオプションは、その暗号資産の市場価格が、行使価格よりも低く下落することをにらんで保有するものです。

コールオプションは、一般的にプットオプションの逆の性質を持ちます。以下では、その共通点と相違点を紹介します。

コールオプション

プットオプション

保有者が多額の利益を得ることができる

保有者が多額の利益を得ることができる

金融市場における資産価格の上昇に依存する

資産の市場価値の下落に依存する

プレミアムが発生する

プレミアムが発生する(価格が下落した場合のリスクをすべて売り手が負担する)

コールはインザマネー(ITM)とアウトオブザマネー(OTM)のどちらで買うべきか?

ITMとOTMのどちらの場合に購入しても、それぞれにメリットとデメリットがありますが、厳密にはどちらも望ましくありません。その代わりに、オプションもその様々な行使価格も、オプションチェーンの構成要素であり、そのチェーンには、様々なカテゴリーのトレーダー、オプションに関するテクニックや戦略が含まれています。

ITMとOTMのどちらで購入するかは、本人の判断になります。原証券が下落するか上昇するかという予測に基づき判断しましょう。さらに、ご自身の現在の経済状況や、最終的な目標(活発に取引をしたいのか、長期的な視点で取引したいのか)なども考慮する必要があります。

暗号資産コールオプションと従来のコールオプションの比較

暗号資産コールオプション

従来のコールオプション

市場は24時間体制で動いている

市場は通常、月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時まで開いている

価格変動が激しく、頻繁に下落・上昇する

比較的価格変動が緩やかで、極端な価格変動が少ない

暗号資産オプション市場のボラティリティは、トレーダーにとって有利にも不利にもなり得ます。市場価格がオプショントレーダーに有利に推移すれば、行使価格と暗号資産の価格の差により、大きな利益を得られるチャンスがあります。一方、市場がオプショントレーダーにとって不利に推移すると、大きな損失を被ることになります。

暗号資産コールオプション以外の手段

コールオプションの他の選択肢として、先物契約または無期限契約があります。

オプションは、通常、実際の市場価格とは異なる価格で原資産となる暗号資産を購入することができます。また、資産を購入したり売却したりすることもできます。しかし、先物契約を利用すれば、購入や売却が義務となります。つまり、先物契約は市場が有利に推移しなくても、満期日に自動的に決済されます。これは、スマートコントラクトによって行われます。 

無期限先物契約(ヨーロッパ式のオプション)には通常、満期日がなく、トレーダーはいつでもポジションを決済することができます。十分な利益が獲得できたと考えれば決済し、相場が予想通りに推移しなければ、ポジションを清算することもできます。 

暗号資産コールオプションの購入

暗号資産コールオプションは、Bybitの取引所で取引できるデリバティブ商品です。

暗号資産コールオプションの取引を開始するには、以下の手順に従ってください。

ステップ1.

Bybitの公式サイトにアクセスし、「デリバティブ」の「USDCオプション」を選択します。「USDCオプション」の取引ページが表示されます。

出典: Bybit 

ステップ2.

希望する満期日を選択します(または、すべての満期日を一度に表示します)

出典: Bybit 

ステップ3.

購入したいオプションの種類(ここではコールオプション)を選択します。

出典: Bybit 

ステップ4.

購入したいオプションの詳細を、価格またはアクション(買いまたは売り)で選択します。

出典: Bybit 

ステップ5.

注文する」を選択します。画面の右側に確認タブが表示されます。

出典: Bybit 

ステップ6.

入力した内容が正しいことを確認し、[確認]を選択します。

出典: Bybit 

最後に

暗号資産オプションにより、暗号資産そのものを所有することなく、暗号資産市場に参加することができます。暗号資産オプションの取引には、高いリスクが伴いますが、適切な戦略とテクニックで臨めば、きっと有効な投資となるでしょう。

暗号資産が注目される中、暗号資産オプションのブームの到来も見込まれます。その未来は、可能性ではなく、確実にやってくると言えるでしょう。 

Bybitに登録して、暗号資産オプションを取引しよう